肩関節脱臼

転倒し手をついたり、肩に直接物がぶつかったりして、肩甲骨から上腕骨が外れて発生します。発生すると関節が変形し動作が困難となるので、整復動作で元のポジションに戻すことが必要になります。一度肩関節脱臼を経験すると、肩関節を支える靭帯を損傷し再度脱臼しやすくなってしまうので、セラバンド等を利用したい肩周囲のインナーマッスルのリハビリが必要になります。押上駅前整骨院では、脱臼、肉離れ、骨折の治療、リハビリも行なっております。怪我をされた方は健康保険・交通事故取扱いの押上駅前整骨院にご相談ください。

前の記事

モートン病